03FSCW第15号
2004年2月4日

(社)日本雑誌広告協会
倫理委員会委員長 嶌田 良彦様

食の安全・監視市民委員会
代表 神山 美智子

いわゆる「健康食品」の広告掲載についての申し入れ

 私たち市民委員会は食品安全基本法成立を機に、食の安全に関する食品関連事業者及び行政を監視する目的で設立した団体です。この度、「健康食品」に関する問題を取り上げることになり、調査したところ、各誌に「健康食品」関連の広告が掲載されています。
 「健康食品」の、表示・広告等については、厚生労働省の薬事法、農林水産省の健康増進法、公正取引委員会の不当景品類及び不当表示防止法で規制されています。
 ご周知のことと思いますが、「健康食品」による危害は多く、又苦情も国民生活センター等に多く寄せられています。
 貴協会は、事業内容として「雑誌広告に関する倫理向上のため施策の推進」を掲げられています。多くの大手雑誌発行者・広告会社を会員とされる貴協会の指導力は多大なものがあると期待しています。
 至急、会員各社の広告内容について、上記法律と抵触していないかどうか検証の上、抵触しているものについての中止、改善を指導されるよう申し入れいたします。
 貴協会のご見解を2月12日までにご回答いただきたくお願いいたします。

(連絡先)

162−0042
東京都新宿区早稲田町75 日研ビル2階
日本消費者連盟内
電話 03−5155−4765
FAX 03−5155−4767

◆活動報告トップページに戻る