07FSCW第25号
2008年2月7日

岐阜県知事 古田肇 様

食の安全・監視市民委員会
代表 神山美智子
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-9-19-207
NPO法人日本消費者連盟気付
Tel 03(5155)4765 Fax 03(5155)4767

食品添加物に関するシンポジウム開催の申し入れ


 先日は「『食品の安全・安心シンポジウム』の講師選定への抗議と質問」(文書番号07FSCW第22号)にご回答いただきありがとうございました。
 ご回答によると、貴県におかれましては講師選定には特段問題がなかったと考えておられるようですが、「食品の安全・安心」と題したシンポジウムで食品添加物を一方的に推進するような内容の講演を行うことは、食品添加物について知りたいと集まった一般市民に対する内容としては決して相応しくありません。

 今回いただいた回答書にあるように貴県が「食品添加物に対してはさまざまな考え方がある中で、現在の科学的知見を踏まえながら種々の意見を交えていくことが、より県民の食品添加物に対する理解や認識が深まるものと考えて」いらっしゃるのであれば、食品添加物推進派ともいえる長村洋一氏の意見だけでなく、食品添加物の危険性も県民に広く知らせるべきです。その上で、双方の意見に基づく県民によるディスカッションが行われるべきです。

 つきましては、食品添加物の安全性に疑問を呈する専門家を講師とするシンポジウムを貴県と食品安全委員会の主催で早急に開催されますことを要求します。
 開催する場合はその旨を、開催しない場合はその理由をご連絡いただきたくお願い申し上げます。回答は、2008年2月21日(木)までにいただきたく重ねてお願い申し上げます。


◆活動報告トップページに戻る