大飯原発再稼働に反対する特別決議


野田政権は、福井県大飯原発3号機、4号機の再稼働を決定しました。福島第一原発事故を踏まえて、安全性のハードルを上げたとしていますが、安全性の判断基準などは再稼働を急ぐあまりの、にわか作りの感を免れません。

福島第一原発事故の原因もいまだ明らかではなく、現在どのような状況になっているかもわからず、いつ事故そのものが収束するかも目途が立たない状態であり、とても再稼働を口にできる段階にないことは明らかです。


政府・産業界は大飯原発の再稼働を突破口に、さらにほかの原発を稼働させようとしています。それは結局、新たな大事故を準備することになります。
大飯原発を再稼働しないこと、定期検査で止まった原発をすべて再稼働しないこと、脱原発社会を実現することを強く求め決議します。


2012年4月14日
第10回食の安全・監視市民委員会総会参加者一同






◆活動報告トップページに戻る