第7回GMOフリーゾーン欧州会議参加報告会
ラムサール条約第11回締約国会議参加報告会
世界の遺伝子組み換え作物のいま
とき 2012年9月20日(木)14:00~17:00
ところ 連合会館(旧総評会館)501号室 
最寄駅 JR御茶ノ水・地下鉄新御茶ノ水・小川町・淡路町
資料代: 500円

プログラム
14:00 開会
14:05 ラムサール条約第11回締約国会議参加報告  マーティン・フリッド/日本消費者連盟
14:35 質問
15:00 第7回GMOフリーゾーン欧州会議参加報告  纐纈美千世/日本消費者連盟
15:30 質問
15:55 EU食品表示調査報告  西分千秋/遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン
16:25 質問
16:50 閉会


 9月4日、5日にベルギー・ブリュッセルで開かれるGMOフリーゾーン欧州会議では、遺伝子組み換え問題の最前線で活躍する世界のNGOが集まり、遺伝子組換え作物のない世界をどう作るかが話し合われます。欧州での遺伝子組み換え作物栽培問題など、最新情報も報告されます。日本からは日本消費者連盟と遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンが参加し、ハワイ産遺伝子組み換えパパイヤの調査活動、沖縄で起きた未承認の遺伝子組み換えパパイヤ栽培問題などについて報告します。

また、GMOフリーゾーン欧州会議参加の機会に、ヨーロッパの食品表示を調査することにしました。日本より進んでいるとされるヨーロッパの食品表示制度とはどのようなものか報告します。

7月6日~13日にルーマニア・ブカレストで開催されたラムサール条約締約国会議では、水田での農薬使用を減らすことを目的に遺伝子組み換えイネの導入が画策されるという情報があり、それを阻止するためNGOとして会議に参加しました。遺伝子組み換えイネの導入を阻止するNGOと推進側との攻防戦が繰りひろげられました。

 主催 日本消費者連盟/食の安全・監視市民委員会/遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン

【問い合せ】遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン事務局
東京都新宿区西早稲田1-9-19-207 tel 03(5155)4756 fax 03(5155)4767



◆活動報告トップページに戻る