緊急院内集会

消費者を惑わす機能性表示食品制度
―─ 消費者庁担当者に問う ─―
 今年4月1日から、食品表示法に基づき、企業が自己責任で食品の機能を表示し宣伝できる「機能性表示食品」制度がスタートしました。消費者庁が公表した届出食品は6月29日現在44品目あります。

 私たちは企業の届出情報を精査し、5月末段階で公表された21件中17件に問題を見つけ、消費者庁へ情報提供しました。また6月19日にはある食品の新聞全面カラー広告が出ましたが、この中には「臨床試験済」という赤い受付印のようなマークが書かれているのに、「国の審査を受けたものではない」という記載がありません。

この制度には欠陥があると私たちは考えています。こうした問題点について事前に消費者庁に質問状を送り、当日回答いただけるよう要請しています。発売を契機に、ご一緒に考えてみましょう。


日 時 2015年7月15日(水)
12時30分〜14時30分

      12時からロビーで入館証を配布します
会 場 参議院議員会館B-103会議室(地下1階)
      (アクセス:地下鉄「永田町駅」出口1すぐ)


参加費:無料

※資料準備等の関係上、事前にFAXかメールでご連絡いただけると助かります。事前連絡が無くてもご参加いただけますが、定員(約50名)を超えた場合、事前連絡の方を優先させていただきます。あらかじめご了承ください。


主催:食の安全・監視市民委員会
共催:NPO法人日本消費者連盟、食品表示を考える市民ネットワーク


   【お問合せ先】 食の安全・監視市民委員会
    〒169-0051東京都新宿区西早稲田1-9-19-207 日本消費者連盟内
    電話:03(5155)4765     FAX:03(5155)4767

◆活動報告トップページに戻る