17FSCW第33号
2017年8月29日



各位


食の安全・監視市民委員会
代表 神山美智子



自社健康食品に関する損害賠償保険の加入の有無に関する公開質問状


 
 私たちは、食の安全を守るためさまざまな活動をしている市民団体です。
 8月3日に独立行政法人国民生活センターが、「健康食品の摂取により薬物性肝障害を発症することがあります」という注意喚起を発表しました。また7月13日には、女性ホルモン作用のある成分を含む「プエラリア・ミリフィカ」の健康食品で、2年間で200件を超える健康被害が起きていたことが発表されています。

 健康食品を利用する消費者として、自分が健康食品によって被害をこうむった場合に、治療費などの損害賠償を受けられるのかが不安になります。医薬品の場合には公的な被害救済制度がありますが、健康食品にはないためです。
 ただ民間の事業保険の中には、健康食品による事故に関する損害賠償保険があるようです。健康食品事業者の信頼性の目安の一つとして、そうした損害賠償保険に加入しているかどうかが重要であると考えます。

 つきましては、健康食品を販売しておられる事業者の保険加入状況を把握するため、以下のとおりの質問をさせていただくことにいたしました。お忙しいところ申し訳ありませんが、2017年9月6日までにご回答くださいますようお願いいたします。なお、この公開質問状及び貴社からのご回答は、当委員会のホームページや公表資料に掲載しますので、ご了承ください。





1、御社では自社健康食品で健康被害が起きた場合の損害賠償保険に加入されていますか。
2、加入されている場合、消費者がわかるように自社HPなどで公表されていますか。
3、加入されている場合、どの保険会社のどのような保険でしょうか。
4、加入されていない場合、なぜ加入されていないのか理由をお聞かせください。




以上


<問合せ先>
食の安全・監視市民委員会
〒169-0051東京都新宿区西早稲田1-9-19-207
日本消費者連盟気付

◆活動報告トップページに戻る